こども園で働くための特例|ストレスを緩和させるセラピストの資格を取ろう
レディ

こども園で働くための特例

男性

幼稚園の先生になるには

幼稚園教諭は、学校教育法に基づいて教育を行います。その管轄は文部科学省となります。つまり学校と同じ組織に置かれており、小学校に上がる前の幼児を、適切な環境のなか、健やかな成長で保育することが目的の教育機関なのです。幼稚園教諭免許を取得するには、大学や短期大学で教職課程を取得する必要があります。また、幼稚園教諭免許状には3種類の普通免許状があります。大学で取得できるのは1種免許状、短大や専門学校で取得できるのが2種免許状、そしてほかにも専修免許状があります。幼稚園免許を持っている場合は、教育施設での仕事となり、主な職場は幼稚園となります。そして平成27年度から施行された認定こども園制度をスムーズに進めるために、平成31年度までは幼稚園教諭免許取得に対しての特例制度が設けられています。

特例措置をうまく活用

今までは保育園で働く保育士と、幼稚園で働く教諭では必要な資格が異なるために、同じ職場で働くことはありませんでした。しかし認定こども園では、保育士と幼稚園教諭が一緒に働く必要があるために、両方の資格を持つことが出来るよう取得条件に特例が設けられました。保育園で必要な保育士資格を持ち、3年かつ4320時間以上勤務経験がある人は、大学にて指定の必要8単位を取ることで幼稚園教諭の資格を取ることが可能となっています。この特例措置は平成31年度までとなっています。保育士資格は取得がしやすく、保育園以外にも活躍の場が多いのが特徴です。そのメリットを生かし、特例措置を利用して幼稚園教諭免許を取得することによって、さらなる活躍の場を増やすことが出来るのです。